FC2ブログ

クリスマスキャロルが流れる頃には

久しぶりにサークルのブログを見たら最終更新が2015年になっていました。

あ、あれ? 去年は公開遅れますの謝罪記事すら書いてなかったのか……。


と、いう事で今年も公開遅れます……ではなくて! 今年こそは間に合わせます。

ただ、予告していた内容から大分変わってしまったので今日は変更部分の紹介をしたいと思います。


変更その1
キャラ視点のノベルゲームと言っていましたが廃止になり、普通に主人公を操作してキャラと会話して進めるシミュレーションになってます。

ただ、吉里吉里で作ることが決まっていたので前作のような探索形式ではなくクリック形式になっています。
実際の画面はこんな感じ。

移動先選択


作ってる途中です感バリバリですが行き先をクリックしてその先にキャラがいれば会話して、寝ると翌日(この辺はハロウィンの時と同じですね)って流れで進みます。

これだけだと何なので移動先のサンプルを……。

移動先1

大通り

2枚目はハコ氏(※このゲームのグラフィッカー)のスチルに街並みを合わせて制作してみました。
ハロウィン時は移動先が少ないのに地味なドットだったのでなるべく華やかになるよう頑張ってます。
住人やキャラのドットが表示されるようになったらそれっぽくなるはず……??


変更その2
キャラ視点の時(制作発表当時)は攻略キャラ2名が主人公にプレゼントを用意して素敵なクリスマスを送ろうとあれやこれや頑張るというストーリーでしたが、視点がプレイヤーに戻ったので彼らの奮闘ぶりはそれらしき姿を時々見られるだけで、素敵なクリスマスになるかどうかは主人公次第となりました。

ハロウィンが終わってしばらくしたある日、主人公達の元へコロネから手紙が届く。
あっという間だったハロウィンを懐かしみつつ手紙を読み上げると、そこにはちょっとした近況報告と共に彼女が主催するというクリスマスパーティーへの誘いが――。

かくして主人公一行はコロネの住む街へと3日間の旅に出ることになるのだが、実は村へ届いた手紙はもう一通ある。
それは、ハロウィンを通して唯一無二の親友になった主人公へだけの、秘密の相談。
あるいは、いたずらの誘い。

”ただ集まってご馳走を食べるだけではただのパーティーと変わらないと思うんですの。
だから、私達で何か計画しませんか?”

この誘いに乗った主人公は、皆で過ごすクリスマスを忘れられない思い出にすべく奔走するのであった。


エキサイト翻訳でもしたのかってくらい怪しげな日本語ですが、仕様です。
ストーリーを簡潔に述べようとしたらこうなりました。

でもまぁ、こんな感じで街へ行く事になった主人公が街と屋敷(滞在先のコロネの家)を移動しながらクリスマスに関する情報や飾りを集めてクリスマスパーティーの準備をするっぽい感じは伝わったはず……ですよね?

飾りつけはこんな感じです。

秘密の部屋
会話
飾りつけ

最後の画像のようにツリーの星、モール、オーナメント、ツリーの足元、ドアのリース、天井、テーブルクロスの7か所を飾りつけします。
飾りは街で買ったり作れる人に頼んで作ってもらったりすると増えます。

あと、前作のハロウィンで『ハロウィン』が昔村に立ち寄った旅人にもたらされたのと同様、クリスマスも名前だけ知られている状態なのでクリスマスが何なのか街で色々会話して情報を集めることになります。

そしてうまくいけば攻略キャラ達から再度告白(*本作は全員振った大団円ENDからの続きです)……されるか定かではありませんが何かしらのENDを迎えます。

クリスはともかくヴォルジョアに一度振られてもう一度告白するようなガッツがあるとはとても思えませんしね。
キャラによってばらつきがありますが何かしら進展します。多分。


……そんなわけで、クリスマスまで約3か月強残ってますが、全力で頑張りたいと思いますのでもう少しだけお待ちください。
スポンサーサイト



コメント

打ち切りになっちゃったのかと心配しました!相変わらずコロネちゃん可愛いですね、楽しみにしてます(*'ω'*)

初めまして! ……と、コメント気づかなくてスミマセンでした;

コロネを褒めてくれてありがとうございます。
グラフィック担当のハコ(旧かきあげ)氏も喜んでました!

存在を忘れられないよう完成に向けて頑張りますので、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)